赤瓦ちょーびんが教える、とみぐすくの隠れた魅力を掲載中!!

\ハイサイ/とみぐすく!!

アゴマゴちゃん トマジロー

赤瓦ちょーびんが行く! TOMIGUSUKUの新スポット!!

アゴマゴちゃん トマジロー

豊見城市(とみぐすくし)は、沖縄本島南部に位置する市です~

☆ 動画で見る豊見城(とみぐすく)のスポット ☆

とみぐすく
01 石敢當02 瀬長島03 漫湖水鳥04 高安05 せせらぎ公園06 数珠の森07 保栄茂08 保栄茂城09 シーサー巡りー前編ー10 シーサー巡りー後編ー11 真玉橋12 空手会館13 真珠道と石火矢橋14 嘉数ペーチンの墓15 長嶺グスク
01 石敢當

●字豊見城のプチ旅

沖縄県内でよく見かける魔除けの石、石敢當。石敢當にも色々な種類があるって 知っていましたか?ハイサイ案内人の赤瓦ちょーびんさんが、豊見城市字豊見城 の集落を歩いて、様々な石敢當をご紹介!「泰山石敢當」や「梵字の碑」などの 貴重な石敢當も登場します。ぜひ豊見城に遊びに来て、石敢當を探してみてくだ さい!

02 瀬長島

●字瀬長のプチ旅(瀬長島)

ハイサイ案内人の赤瓦ちょーびんさんが瀬長島をご紹介!新しい名所、ウミカジ テラスもオープンし、観光地として人気のある瀬長島ですが、「豊見城の発祥地」 とも言われおり、昔からデートスポットとしても人気があったそうです。方言で 「イシイリー(石を入れる)」と呼ばれる、子宝岩もご紹介します!ぜひ瀬長島を 訪れてみてください。

03 漫湖水鳥

●字豊見城のプチ旅(漫湖水鳥・湿地センター)

市街地の真ん中に、大自然を感じられる場所があるって知っていますか?那覇市 と豊見城市に跨る干潟、漫湖です。ラムサール条約に登録されている湿地で、水 鳥やカニなど様々な生物や、マングローブ林も見られます。今回は、赤瓦ちょー びんさんが漫湖水鳥・湿地センターをご紹介します。ぜひ一度訪れて、自然を味 わってみて下さい。

04 高安

●字高安のプチ旅(ビジュル)

沖縄にはビジュルという霊石を祀る習俗があり、豊見城市の高安には「子どもの 守り神」とされている霊石が祀られており、子どもを連れてきて、無事な成長を 願う場所ともされています。ハイサイ案内人の赤瓦ちょーびんさんが、そのビジ ュルをご案内。遺体を入れて運ぶのに使われていた「龕」が保管されている龕屋 や、12年に一度行われる龕合祭についてもご紹介します。

05 せせらぎ公園

●字平良のプチ旅(せせらぎ公園)

滝といえば沖縄本島では北部が有名ですが、実は南部にもあるんです!ハイサイ 案内人の赤瓦ちょーびんさんが、中南部唯一の落差15mの滝がある、せせらぎ 公園をご紹介。精霊が宿る樹とも言われるガジュマルの特徴や、日本最大の蜘蛛 「オオジョロウグモ」も登場します!

06 数珠の森

●字与根のプチ旅(数珠の森)

豊見城の与根地区の平地にポコっと飛び出した小山(標高37m)があります。 「ジュジュムイ(数珠の森)」と呼ばれる、雨を降らせる神様が祭られている場所 です。琉球王府の時代には雨乞いの儀式が行われていたとされ、現在でも大切に されている聖地です。ハイサイ案内人の赤瓦ちょーびんさんが、数珠の森の中に お邪魔してご紹介します。

07 保栄茂

●字保栄茂のプチ旅(保栄茂集落)

「保栄茂」この地名、何て読むか分かりますか?難読な地名が多い沖縄で、最も 読みにくいとも言われる保栄茂集落を赤瓦ちょーびんさんが散歩します。200年 の歴史がある「巻チ棒」という伝統行事や、昔行われていた珍しい葬儀の儀礼も ご紹介。石垣やヒンプン、セメン瓦、花ブロックなど、特徴的な沖縄の建築もた くさん見られます。ぜひ保栄茂集落を歩いて、探してみてください。

08 保栄茂城

●字保栄茂のプチ旅(保栄茂城)

赤瓦ちょーびんさんが保栄茂グスクをご紹介します。保栄茂集落のウグヮン山 にある保栄茂グスク。標高106mの頂上に登ると、周辺を360度見渡せます!ぜ ひ一度登ってみて、頂上からの景色をご覧ください。保栄茂グスクは、2015年に 241年ぶりに復活した組踊「未生の縁」の舞台にもなっており、その物語もご紹介 します。

09 シーサー巡りー前編ー

●豊見城のシーサー巡りー前編ー

沖縄の家の屋根や門柱で見かけるシーサー。その役割は家を守るだけじゃない んです!ハイサイ案内人の赤瓦ちょーびんさんが、豊見城市内にある「村獅子」 をご紹介します。ユニークな形のシーサーや、戦争から村人を守ったというエピ ソードを持つすごいシーサーも!ぜひ豊見城を訪れて、村獅子散歩に出かけてみ てください。

10 シーサー巡りー後編ー

●豊見城のシーサー巡りー後編ー

道端で見かける石造りのシーサーの正体とは?赤瓦ちょーびんさんが、豊見城市 内にある、村を守るシーサー「村獅子」の魅力をご紹介します。シーサーはそれ ぞれ何を見ているのか?シーサーに関する民話もご紹介しています。ぜひ豊見城 を訪れて、村獅子を探してみてください!

11 真玉橋

●真玉橋

豊見城を代表する橋といえば「真玉橋(まだんばし)」。琉球の三大名橋の一つと呼 ばれた美しい橋で、その橋づくりには琉球唯一の技術が使われていたと言われてい ます。橋づくりにまつわる悲しい伝説や、真玉橋に祀られている珍しい神様まで赤 瓦ちょーびんさんがご紹介します!

12 空手会館

●空手会館

『空手発祥の地』が沖縄って知っていましたか?沖縄伝統空手を保存・継承・発展 させることを目的に、2017年3月に開館したばかりの沖縄空手会館をご紹介!空手の 由来や歴史、沖縄の古武術で使われていた道具まで、赤瓦ちょーびんさんが詳しく ご説明します。沖縄空手会館には資料室やショップ、飲食コーナーもあるので、ぜ ひ一度足を運んでみて下さい。

13 真珠道と石火矢橋

●真珠道と石火矢橋

今回赤瓦ちょーびんさんがご紹介するのは、琉球王朝時代の国道『真珠道(マダマミ チ)』とその途中に架かる橋『石火矢橋(イシバーシ)』。真珠道は、首里城から那覇 港南岸まで続いており、琉球王朝時代の軍用道路としても使われていたそうです。 石火矢橋にまつわるユニークな伝説もご紹介。現在、橋は架け替えられていますが、 実際にその地に立って歴史に思いを馳せてみては…。

14 嘉数ペーチンの墓

●嘉数ペーチンの墓

沖縄のお墓『亀甲墓』は大きいことで有名ですが、豊見城には「ナナカクイ・ヤシチ 」といって、「七軒分の広さのある屋敷」という意味の特別大きなお墓があります! 嘉数親雲上(カカズペーチン)のお墓です。ペーチンのお墓は、なぜこんなに大きいの か?赤瓦ちょーびんさんが、嘉数親雲上に関する逸話をご紹介します。

15 長嶺グスク

●長嶺グスク

豊見城市内にもいくつかの城(グスク)がありますが、今回ちょーびんさんがご紹介す るのは、『長嶺グスク』です。沖縄に残っている黒糖に関する一番古い逸話が、この 長嶺グスクの話です。豊見城は、沖縄で初めて黒糖を作った場所なのかもしれません。 黒糖発祥の地?かもしれない長嶺グスクにぜひ足を運んでみてください!

トミッキー こんな隠れたスポットあったんだね!!